左營舊城-見城計劃

見城とは

鳳山県旧城

「鳳山県旧城」は現在、国定古跡文化資産に指定されており、その城門、城壁、堀などとその領域は、高雄が清朝時期に文教政治社会発展の重要な拠点であったことを証明している。清朝帝国の遠距離統治理念と台湾現地社会形成の複雑な変動は、当局の不築城政策、人民蜂起の頻発、新城への移住、当局提唱による人民の寄付、石城の建築などの歴史過程から見てとることができる。